AMAEBI BY SHINTARO MIYAKE

¥0

三宅慎太郎
アマビエ

新型コロナウィルスの流行の中、小山登美夫ギャラリーに所属するアーティストの三宅信太郎さんが小山登美夫氏に送ってくれた手作りのアマビエ。
ダンボールを切って貼って着色しているが作家さんが作っただけあって高い完成度だ。
アマビエは弘北三年(江戸時代後期の1846年)に肥後国(現在の熊本県)に現れたと伝えられる。
毎晩、海中に光る物体が出没したため役人が赴いたところクチバシに長い髪、体は光る鱗に覆われたアマビエが現れたのだ。
アマビエは「私は海中に住むアマビエと申す、当年より6カ年の間は諸国で豊作が続くが疫病も流行る。
私の姿を描き写した絵を人々に見せよ」と言い残して海へ帰っていったのだと言いいその話を伝える当時の挿絵付きの瓦版も残されている。Exhibitor / Tomio Koyama 

TOMIOKOYAMA

You may also like

Recently viewed