BIG PAINTING BY BASQUIAT
BITS AND PIECES

BIG PAINTING BY BASQUIAT

3年間暮らしたカリフォルニアからニューヨークのマンハッタンに引っ越して暮らし始めたのはちょうど1981年のことだった。 マドンナが鮮烈なデビューをして、マイケルジャクソンのミュージックビデオがM TVで大人気だった頃である。 アート界はというとウォーホル、バスキア、キース・ヘリングなどが大人気...

もっと読む
ART IN MY ROOM
BITS AND PIECES

ART IN MY ROOM

アートフェアに行って派手な現代アートの最前線を見たり、美術館に行って歴史的な名画を鑑賞したり、アートの楽しみ方は沢山ある。 気に入った若手作家のアートを買い、部屋に飾ってみたり、その作家の活躍を知るにつれその後の生活に楽しみをもたらしてくれるのも現代アートをコレクションする醍醐味だと思う。 ピ...

もっと読む
PRIVATE MUSEUM
BITS AND PIECES

PRIVATE MUSEUM

ミュージアムと言っても世界中には様々なミュージアムがある。 ニューヨークならメトロポリタンやMOMA、またはホイットニーやグッゲンハイムなどは有名だ。 パリならルーブルやオルセー、ポンピドゥセンターなどもある。 そんな数あるミュージアムの中でもアートコレクター個人や会社が設立したミュージアムに...

もっと読む
HUGE WORKS OF ART
BITS AND PIECES

HUGE WORKS OF ART

海外のギャラリーや芸術祭などを訪ねて巨大なアート作品に遭遇するたびにどうやってこのような規模の作品を展示したのかに驚かされることがある。 ビエンナーレのような芸術祭ならまだしも普通のギャラリーで巨大なアート作品を見ると海外のアートマーケットの規模の違いを見せつけられているようで感無量だ。 しか...

もっと読む
POSSIBILITY OF PAINTING
BITS AND PIECES

POSSIBILITY OF PAINTING

アートは全般的に好きだが特に何が好きかと問われれば絵が好きである。 古典的な絵ならルーベンスも好きだしもちろんピカソは大好きな作家だ。 絵の具を筆などを使ってキャンバスの表面に塗るという行為によって絵は描かれるのだが描く時の筆使いや描き出される筆致というのを見るのが好きである。 目で見たものを...

もっと読む
PICASSO VU PAR BRASSAI

PICASSO VU PAR BRASSAI

英語に「Recognition」という単語があるがその意味は「認識」や「見覚え」などといった感じになる。 要するにそれは見分けをつけるという人間の根源的な無意識的行動と言っても良いと思う。 白い紙に黒い点を二つ描くだけで人は無意識のうちにそれを目と認識してしまうという性質を持っているのである。...

もっと読む
ALEXANDER CALDER
BITS AND PIECES

ALEXANDER CALDER

アレキサンダー・カルダーを最初に見たのは30年以上も前の話になるがニューヨークのアッパーイーストサイドにあったマルセル・ブロイヤーが建てた重厚なコンクリートの建物にあったホイットニー美術館だった。 その後、ホイットニー美術館は今のダウンタウンに引っ越してアップタウンの建物は2015年にメトロポ...

もっと読む
FUMIYART
BITS AND PIECES

FUMIYART

1998年、元チェッカーズで当時「TRUELOVE」などのヒットソングで人気絶頂の歌手、藤井フミヤのアーティストとしての作品集「FUMIYART」が出版された。 自分は1980年代後半まだフミヤがチェッカーズにいた頃にニューヨークに仕事できた際に共通の友人を通じて知り合い年も同じこともありそれ...

もっと読む
DONALD BAECHLERについて。
BITS AND PIECES

DONALD BAECHLERについて。

都築響一さんは写真家であり編集者、そしてジャーナリストであるがマガジンハウスで編集者をしていた自分の大先輩でもある。 彼は他の人が取り上げないような独特な視点で編集した様々な写真集や作品集を数多く出版していて素晴らしい編集者でありジャーナリストだ。 その都築さんが1980年代後半に当時話題の現...

もっと読む
DRAWING NOW
BITS AND PIECES

DRAWING NOW

今から約20年以上も前、村上隆や奈良美智などの日本人アーティストが欧米のアート界に出現して少し経ったころにMOMAのキュレーションで出版されたdrawing nowというこの本では、当時注目されていたアーティスト達の作品をoneからeightまでのプロポジションと呼ばれるチャプターで紹介してい...

もっと読む
ABOUT JAMES ROSENQUIST
BITS AND PIECES

ABOUT JAMES ROSENQUIST

ジェームズ・ロゼンクエストはアーティストになる前は屋外広告などの巨大な看板を描く職人だったという。 ポップが大衆向けという意味であるなら、ポップアートの世界に登場した数多いアーティストの中でもこれほどポップなバックグラウンドの作家は他にいないのではないだろうか? 彼の作品を最初に見た時、その大...

もっと読む
THE PRIVATE WORLD OF PABLO PICASSO
BITS AND PIECES

THE PRIVATE WORLD OF PABLO PICASSO

DAVID DOUGLAS DUNCANがピカソのプライベートな生活をドキュメントとした写真集「THE PRIVATE WORLD OF PABLO PICASSO 」はニューヨークのグリニッジビレッジにある古本屋のショーウィンドーに平置きにして飾られていた。 そこに開かれてあったのは、ピカソ...

もっと読む
DREAM COLLABORATIONS
BITS AND PIECES

DREAM COLLABORATIONS

1980年代のニューヨークのアートシーンはとにかく面白かった。 ウォーホールはまだ健在だったし、バスキアのような天才が現れたり、キース・へリングがグラフィティーを有名にしたり。 また、この時代にはネオエクスプレショニズムと呼ばれる大胆でインパクトのある表現のペインターが沢山出現した。 ジュリア...

もっと読む